麻酔科プログラム(コピー)

  • HOME »
  • 麻酔科プログラム(コピー)

①一般目標

安全で安心な周術期医療の提供が国民のニーズであることから、それに応えられる麻酔および関連領域の診療を行える専門医となる。具体的には、以下の項目の習得を目標とする。

1)      十分な麻酔および麻酔に関連する領域の専門知識と技量

2)      極めて短時間で状況が変化する麻酔を中心とした急性期医療における             適切な判断能力、問題解決能力

3)      医の倫理を念頭に置いた適切な診療、研究、教育態度

4)      進歩する医療・医学に乗り遅れないよう常に学習・研鑽する継続的な                 向上心

 

1)      十分な麻酔および麻酔に関連する領域の専門知識と技量

2)      極めて短時間で状況が変化する麻酔を中心とした急性期医療における             適切な判断能力、問題解決能力

3)      医の倫理を念頭に置いた適切な診療、研究、教育態度

4)      進歩する医療・医学に乗り遅れないよう常に学習・研鑽する継続的な                 向上心

②個別目標

第1年次

 第1年次には初期研修中に麻酔科研修をどのくらい受けていたかどうかでスタートラインでの知識・技術に大きな差ができています。しかし、これらも1,2年の内に同等レベルになりますので、初期研修中の麻酔科研修期間が少なくても心配は要りません。ここでは、基本から研修する場合のプログラムを記します。

 →個別相談はこちら(問い合わせフォームへ進む)

  1. 術前回診を行い、合併症の把握に努め、指導医と麻酔プランの構築を行う。その際、「麻酔の安全と質の向上」を目指して、麻酔による合併症発生率、手術に伴う合併症発生率、リスクの種類、各種安全指針・ガイドライン、手術室の安全管理・環境整備について理解することを目標とする。
  2. 生理学として、中枢神経系、自律神経系、呼吸、循環、肝臓、腎臓、神経筋接合部、酸塩基平衡、電解質について病態に伴う変化、評価・検査、麻酔による影響を学ぶ。
  3. 薬理学として、麻酔関連薬物の多くが毒物・劇物に指定されていることから、薬物動態学・薬力学を学び適切に投与できること。各論として揮発性麻酔薬、静脈麻酔薬、オピオイド、筋弛緩薬、局所麻酔薬、輸液・輸血について学ぶ。
  4. 技術的には、気道管理として挿管時に用いられる種々の器具と気道管理用デバイスの使用に習熟し、挿管困難症例への対応を実践できることを目標とする。動静脈カテーテル、中心静脈カテーテル留置時の適応、禁忌、手順、合併症などを学び、実践できることを目標とする。脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、末梢神経ブロックの適応、禁忌、手順、合併症などを学び、実践できることを目標とする。
  1. 術前回診を行い、合併症の把握に努め、指導医と麻酔プランの構築を行う。その際、「麻酔の安全と質の向上」を目指して、麻酔による合併症発生率、手術に伴う合併症発生率、リスクの種類、各種安全指針・ガイドライン、手術室の安全管理・環境整備について理解することを目標とする。
  2. 生理学として、中枢神経系、自律神経系、呼吸、循環、肝臓、腎臓、神経筋接合部、酸塩基平衡、電解質について病態に伴う変化、評価・検査、麻酔による影響を学ぶ。
  3. 薬理学として、麻酔関連薬物の多くが毒物・劇物に指定されていることから、薬物動態学・薬力学を学び適切に投与できること。各論として揮発性麻酔薬、静脈麻酔薬、オピオイド、筋弛緩薬、局所麻酔薬、輸液・輸血について学ぶ。
  4. 技術的には、気道管理として挿管時に用いられる種々の器具と気道管理用デバイスの使用に習熟し、挿管困難症例への対応を実践できることを目標とする。動静脈カテーテル、中心静脈カテーテル留置時の適応、禁忌、手順、合併症などを学び、実践できることを目標とする。脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、末梢神経ブロックの適応、禁忌、手順、合併症などを学び、実践できることを目標とする。

 1年次の後半からは、心臓血管外科、脳神経外科、分離肺換気を行う開胸手術の麻酔を担当する。同時に肺動脈カテーテル留置時の適応、禁忌、手順、合併症などを学び、実践できることを目標とする。

 

第2年次

 1年次の後半に引き続き、あらゆる種類の手術、合併症を有する患者の全身管理を学ぶ。特に、ショック患者の病態生理と麻酔管理を学び、救急手術への対応を学び、基本的に全ての手術に対応できる知識、技術を習得することを目標とする。

 2年次の後半からは集中治療とペイン・緩和の中からサブスペシャリティーとして研修を受けたい領域の研修を受けられるよう手術室における業務を軽減することが可能である。

集中治療室においては、重症患者の管理、人工呼吸療法、血液浄化療法を学び基本的な事項を実践できることを目標とする。

 ペイン・緩和においては、患者のつらさを受け入れ、適切な薬物を選択してつらさを緩和する基本的な考え方、薬物療法を学ぶ。また、必要に応じて高度な神経ブロックも含めて侵襲的な治療法についての知識・技術を学ぶことを目標とする。

 

第3年次

 麻酔科認定医(初期研修における麻酔科研修期間を含めて2年以上経過すると、厚生労働省の麻酔科標榜医の申請が可能であり、標榜医を取得すると日本麻酔科学会の認定医として認められる)として、必要な臨床現場での役割を実践する。特に、周術期医療の中心にいる麻酔科医3年次には、周術期医療チームのリーダーとして、他診療科の医師やコメディカルと協調して手術室・麻酔科の運営を行う。麻酔科責任番、および責任番補佐として、統率力をもって手術症例の安全管理、人員管理などのマネージメントを行う。

 

第4年次

 当院の麻酔科後期研修医としてのプログラムは職位である臨床専修医が3年限であることから、4年次には助教として、3年次と同等の研修を行い、かつ後進の指導を行う。また、専門医試験受験に向けて、知識の整理を行う。

 3年次、4年次には他の施設での研修も希望によって応じている。これまでに静岡こども病院における小児麻酔研修、小倉記念病院における心臓血管麻酔研修、済生会横浜市東部病院におけるクローズドICU研修、埼玉県立小児医療センターにおける小児麻酔研修を行った実績がある。

 ただし、麻酔科紹介の項目でも述べているように、医局制度をとっていないことから「××病院に派遣する」という考え方ではありません。研修を受けている先生方がもっと勉強したいことがあれば、「○○病院に行って△△を勉強してきたいのでどうしたら良いか」と相談された段階で対応をします。

 

学会発表、論文作成について

 当院麻酔科では、学会発表や論文作成を積極的に責任を持って指導し支援しています。例えば、抄録の作成においても、マンツーマンで何がいけないのか、それをどのように修正すべきなのかを指導しています。毎年、国内20-30演題、海外数演題を発表しています。論文も和文、英文併せて5-10本を執筆しています。

 

経験症例数について

後期研修医の年間経験症例数は、250~300例程度です。この症例数は麻酔科専修医として十分な経験を積むことが出来る数です。

また、心臓手術や小児手術、開胸手術の経験数は1年次の後半から担当するようになり、それぞれ20例、10例、5例程度を目標としております。2年次には更に知識、経験も付いてくるのでこれらの高難易度の手術が増えていきます。その分、全体の症例数としては少し減る傾向にあります。

report2
kuwauchi echo- block1
女性支援1
map_bn
Copyright © 東京歯科大学市川総合病院 麻酔科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.